みずほ銀行と長年取引があって、クレジットカードの支払日に残高が不足したことがなかったり、借入返済が滞ることがなかったりする優良顧客については、ATMでキャッシュカードを入れると、カードローンの案内が表示され、タッチして進めると即カードローンを利用できます。利用限度額については、過去の取引実績など状況に応じて個々に設定されていると思います。

みずほカードローンには、銀行の審査、保証会社の審査と二段階の審査があります。
前述の優良顧客に対するカードローンの場合は、銀行の審査は既に通っています。カードローンを実行した後に保証会社の審査が行われますが、稀にその審査を通らないケースがあるようです。しかしその場合でも、すぐに返せとは言われず、通常通りの返済となるようです。その点で銀行がリスクを負うこと前提の商品のようです。

また、みずほ銀行からDMでカードローンの案内が送られてくることがあります。
この場合も銀行の審査が既に通っています。前述の場合と違うのは、ATMの裏メニューのようなかたちで手続きを進める点です。カードローンとは全く関係ない残高照会のメニューから入っていきます。求められた簡単な情報を入力すると契約が成立し、契約完了後カードローンを利用できます。保証会社の審査については前述のケースと同様です。

借りる側から見た場合、前者と後者で大した違いはないのですが、貸す側では何か仕組みが違うのでしょう。